LIVEDAM STADIUM音質設定

下記設定はLIVEDAM、STADIUMで画面デザインは違いますが、同じ設定内容です

マイクやカラオケの音質を調整出来る機能はカラオケ機本体のメニューを押すと画面に設定と言う項目が出ます。

設定画面に音の項目があるのでそれを押すとトーンコントロールがあるので、それを選択してミュージックの音質とマイクの音質が調整出来ます。(下記画像)

プリセットで音楽ジャンルに合わせた選択が出来ますが、部屋の音響特性や曲ごとに変えなければ意味がないのでミュージックとマイクは別々に調整した方が良いかと思います。

ミュージックは部屋によってスピーカー等の設備で変えた方が良い場合がありますが、それ以外はフラット(すべて0)で良いと思います。

マイクも自分の声やマイクに合わせて調整します。ダムともにアップした音はこの設定によって変わるのでアップした音を聞いて最適な設定を探してください。

さらに調整したい場合は、上記画面のもどるを押して前画面に戻りボーカルプロセッサを押し調整します。(下記画像)

ボーカルプロセッサとはレコーディングやコンサートで使われる音を加工、調整する機能です。

調整は右側のプリセット選択でそれぞれのタイプの左のパワーボイスやシャープネスなどの設定が一括で変更出来ます。

とりあえず、プリセットを変えながら声を出して音の変化を確認してください。
無難なのは標準かと思いますので、まずそれで録音してみましょう。
ただし、プロセッサをかける事により音自体は悪くなるのでそれも考慮した方が良いと思います。また、マイクトーンも変化するのでそれも合わせて調整します。

ボーカルプロセッサ左側画面の説明

パワーボイス

パワーボイスは機材で言うとコンプレッサーです。

小さい音を持ち上げて大きい音を下げて全体に聞きやすくする役割があり、ちょっとうまくなった気がします。かけ過ぎると空気感が減少した様な感じになると思います。明るいポップスには多目にかけた方が良いかと思います。逆にバラードの時は控えめが良いと思います。この機能はレコーディングではほぼかけるのですが、音質も多少変化します。
また、OFFの方が声がクリアに録音されるのでかけない方が良い場合もあります。

ウエブで検索するとパワーボイス10でシャープネス10と推奨する方がいますが、自分はパワーボイス切~5でシャープネス切です。

シャープネス

機材で言うとエンハンサー的なもので、かけるほど声がハッキリしますがハウリングもしやすくなります。マイクの高音とは違い、その上の帯域の調整です。

エコー種別

歌う曲によってどれが合うかは違います。

種類によってエコーの掛かり具合が違うのでエコーつまみの位置も変わります。

エコーの遅延時間(エコータイム)やリピート時間(エコーリピート)は本体選曲画面で99と入力して本体左下のDAMボタンを押すと下記のクイックメニューになり、そこで設定出来ます。エコー/リバーブの項目を+するとリバーブの割合が大きくなりますが、大きくした方が自然な残響に聞こえます。

ハウリングキャンセルタイプ

ハウリングしないようにする設定がクイックメニューにあるのですが、その設定で高音の違いが出ます。

切は音の影響しませんがハウリングしやすく、タイプ1はちょっと高音が下がり、タイプ2にすると高音がこもります。

現実的にはタイプ1が良いと思います。タイプにより音質が変化するので毎回同じにしましょう。

歯擦音

パワーボイスをかけるとそれと連動して歯擦音も大きくなるのでそれをカットする調整です。高音が多少変化します。

その他

ローカット、ハイカットは本体画面の説明通りです。

元に戻すには

本体右側の標準ボタンを5秒程度押し続けてください。

tears room

DAM★とも・うたスキの動画と音に関するあれこれ

0コメント

  • 1000 / 1000